2017年の実績 京都記念 16.070円、大阪杯 23.910円。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万券 Labo

ご注意!このブログは馬券の購入を促すものではありません。

Experiment 17 第22回 NHKマイルカップ (G1) 考察3

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ

◎考察1のまとめ

・1番人気の信頼性はかなり高い。

・6桁配当の時の1着馬は1番人気。

・7桁配当の時の1着馬は10番人気以降の馬。

 

◎考察2のまとめ

・レース間隔が12週(3ヶ月)以上空いた馬の好走は難しい。

・1番重要なステップレースは、NZTである。

 

考察1、2をふまえて出走馬の取捨を決めたい。

 

 1番 モンドキャンノ 牡馬 騎手 C.ルメール

 中7週 複勝率 80% 2012年の2着馬アルフレードのパターン。Gレースでの連対及び1着があり、格上的存在。複勝率も高く、抑えておかなければなるまい。

 

  2番 キョウヘイ 牡馬 騎手 高倉

 中10週 複勝率 約43% レース間隔や複勝率からも少しむずかしいか。ただ、重馬場のシンザン記念G3では、皐月賞2着のペルシアンナイトを破って1着しているが、良馬馬のアーリントンカップでは1.2差で敗れている。重馬場で注意と言ったところで、良馬場では見送りとしたい。

 

 3番 アウトライアーズ 牡馬 騎手 田辺

 中3週 複勝率 83% 2014年4着したロサギアンティアのパターンに近い。ただ、皐月賞は12着。0.6秒差は少し微妙な感じだ。ただ、複勝率が高く、1600m・1800mで連対を外していないのは魅力だ。

 

 4番 カラクレナイ 牝馬 騎手 M.デムーロ

 中4週 複勝率 60% 2009年6着したワンカラットのパターンに近い。負けても着差0.2秒以内としぶといレースぶりは魅力だが、過去牝馬はほとんど馬券に絡めていないのが現実だ。ただ、鞍上デムーロで軽視はできない。

 

 5番 プラチナヴォイス 牡馬 騎手 石川

 中3週 複勝率 37.5% 皐月賞10着からの巻き返しがないわけではない。皐月賞ではアウトライアーズに先着はしているものの、複勝率が低すぎることや、1600m未経験を考慮して、ここは見送りとする。

 

 6番 ボンセルヴィーソ 牡馬 騎手 松山

 中4週 複勝率 約71% 2010年2着のダイワバーバリアンや2011年1着のグランプリボスののパターンに類似している。G1.G2.G3で3着をはずしていない複勝率も高く、鞍上も皐月賞ジョッキーなら。

 

 7番 ジョーストリクト 牡馬 騎手 武

 中4週 複勝率 約43% 複勝率は良くないが戦ってきた相手はかなり強いアーリントンカップではペルシアンナイトに1.1秒負けたが、NZTで1着している。父ジョーカプチーノは、2009年の1着馬だ。

 

 8番 タイムトリップ 牡馬 騎手 戸崎

 中4週 複勝率 75% NZT 5着。過去に敗れた相手の成績を見ると、Gレースで馬券に絡めていないのは納得できる。

 

 9番 タイセイスターリー 牡馬 騎手 北村

 中4週 複勝率 40% 服勝率が良くない。、シンザン記念では皐月賞2着のペルシアンナイトに先着しているが、NZT 7着では狙いづらい。今回は見送りとする。

 

10番 ディバインコード 牡馬 騎手 柴田 善

 中2週 複勝率 100% 皐月賞2着のペルシアンナイトが1着だったアーリントンカップ3着馬でもある。ここは要注意。

 

11番 オールザゴー 牡馬 騎手 内田

 中5週 複勝率  約71% 1勝した後に大敗を2度している馬は過去に馬券に絡んでいない。この馬は今回見送りとする。

 

 12番 ミスエルテ 牝馬 騎手 川田

 中4週 複勝率 50% 前2走が一息。牝馬が馬券にあまり絡んでいないこのレースでは厳しいか。今回は見送りとする。

 

13番 トラスト 牡馬 騎手 柴田 大

 中3週 複勝率 約29% 複勝率の低さが物語る通り少し厳しい感じか。今回は見送り。

 

 14番 リエノテソーロ 牝馬 騎手 吉田

 中8週 複勝率 約67% 負けた相手のその後が今ひとつで、牝馬があまり馬券に絡んでいないこのレースでは少し狙いづらい。今回は見送り。

 

15番 レッドアンシェル 牡馬 騎手 福永

 中10週 複勝率 75% 皐月賞2着のペルシアンナイトが1着だったアーリントンカップ2着馬。出来ればもう1走使って欲しかったというのが本音。ただ、過去にミッキーアイルアーリントンカップから直行して優勝している。外せない1頭だ。

 

16番 アエロリット 牝馬 騎手 横山

 中4週 複勝率 80% 桜花賞5着。東京競馬場を経験済みで、持ち時計はあるが、昨年のメジャーエンブレムと比較するとどうしても見劣ってしまう。押さえまでとしたい。

 

17番 ナイトバレット 牡馬 騎手 藤岡

 中4週 複勝率 約57% ステップレースでの成績や複勝率からも今回は見送り。

 

18番 ガンサリュート 牡馬 騎手 池添

 中6週 複勝率 約67% 父は2010年の優勝馬ダノンシャンティであること、鞍上池添がなんとも魅力である。押さえておきたい。

 

 

◎考察3の結まとめ

 今回の馬券候補は以下の9頭

 1番 モンドキャンノ

 3番 アウトライアーズ 

 4番 カラクレナイ

 6番 ボンセルヴィーソ

 7番 ジョーストリクト

10番 ディバインコード

15番 レッドアンシェル

16番 アエロリット

18番 ガンサリュート 

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ