2017年の実績 京都記念 16.070円、大阪杯 23.910円。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万券 Labo

ご注意!このブログは馬券の購入を促すものではありません。

Experiment 17 第22回 NHKマイルカップ (G1) 考察1

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ

◎過去10年間の3連単の配当は、以下の通りだ。

 

2007年 9.739.870円(4375番人気)(17番人気1番人気18番人気)・・・2番人気は12着、3番人気は11着(18頭中)稍重


・2008年   116.880円(323番人気)(1番人気ー3番人気ー14番人気)・・・2番人気は5着(18頭中)稍重


2009年 2.381.660円(2657番人気)(10番人気ー5番人気ー13番人気)・・・1番人気は9着、2番人気は8着、3番人気は18着(18頭中)良馬場


・2010年   17.180円(36番人気)(1番人気ー5番人気ー3番人気)・・・2番人気は4着(18頭中)良馬場


・2011年    7.920円(1番人気)(1番人気ー2番人気ー4番人気)・・・3番人気は9着(18頭中)良馬馬


・2012年   262.580円(722番人気)(1番人気ー3番人気ー15番人気)・・・2番人気は失格(6位入線)(18頭中)良馬馬


2013年 1.235.600円(1688番人気)(10番人気ー6番人気ー8番人気)・・・1番人気7着、2馬人気は5着、3番人気は4着(18頭中)良馬場


・2014年   684.020円(1267番人気)(1番人気17番人気12番人気)・・・2番人気は4着、3番人気は6着(18頭中)良馬場


・2015年    36.720円(91番人気)(3番人気ー4番人気ー2番人気)・・・1番人気は5着(17頭中)良馬場


・2016年    33.030円(78番人気)(1番人気ー2番人気-12番人気)・・・3番人気は11着(18頭中)良馬場

 

 過去10年間の1番人気の複勝率は70%、優勝する確率も60%と3歳馬のG1レースと言うことも含めて1番人気の信頼性はかなり高いと行って良いだろう。

 

ただ、それにも関わらず過去10年の平均配当が約145万円と高いのは、10番人気以降の馬が絡んだ年が10年中7回とかなり多く、7桁配当が過去10年で3回もあったことが大きく影響している。

 

万券Laboの妄想力を試される、難解なレースだ。

 

 

◎払戻金が5桁以下の年

 

・2010年   17.180円(36番人気)(1番人気ー5番人気ー3番人気)・・・2番人気は4着

 

・2011年    7.920円(1番人気)(1番人気ー2番人気ー4番人気)・・・3番人気は9着

 

・2015年    36.720円(91番人気)(3番人気ー4番人気ー2番人気)・・・1番人気は5着

 

・2016年    33.030円(78番人気)(1番人気ー2番人気-12番人気)・・・3番人気は11着

 

◎払戻金が6桁の年

 

・2008年   116.880円(323番人気)(1番人気ー3番人気ー14番人気)・・・2番人気は5着

 

・2012年   262.580円(722番人気)(1番人気ー3番人気ー15番人気)・・・2番人気は失格(6位入線)

 

・2014年   684.020円(1267番人気)(1番人気17番人気12番人気)・・・2番人気は4着、3番人気は6着

 

 ◎払戻金が7桁の年

 

2007年 9.739.870円(4375番人気)(17番人気1番人気18番人気)・・・2番人気は12着、3番人気は11着

 

2009年 2.318.660円(2657番人気)(10番人気ー5番人気ー13番人気)・・・1番人気は9着、2番人気は8着、3番人気は18着

 

2013年 1.235.600円(1688番人気)(10番人気ー6番人気ー8番人気)・・・1番人気7着、2馬人気は5着、3番人気は4着  

 

並び替えてみるとわかりやすいのだが、6桁配当の年は1着馬が1番人気となっており、7桁配当の年の1着馬は10番人気以降の馬となっていることがわかる。

 

◎考察1のまとめ

・1番人気の信頼性はかなり高い。

・6桁配当の時の1着馬は1番人気。

・7桁配当の時の1着馬は10番人気以降の馬。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ