2017年の実績 京都記念 16.070円、大阪杯 23.910円。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万券 Labo

ご注意!このブログは馬券の購入を促すものではありません。

Experiment 16 第155回天皇賞(春)(G1) 考察1

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ

◎過去10年間の3連単の配当は、以下の通りだ。

 

・2007年  306.390円(670番人気)(2番人気ー11番人気ー4番人気)・・・1番人気は4着、3番人気は12着(16頭中)良馬場


・2008年   13.500円(14番人気)(3番人気2番人気1番人気)・・・(14頭中)良馬場


・2009年  221.080円(572番人気)(12番人気ー4番人気5番人気)・・・1番人気は9着、2番人気は14着、3番人気は12着(18頭中)良馬場


・2010年  911.660円(1290番人気)(2番人気4番人気ー16番人気)・・・1番人気は6着、3番人気は7着(18頭中)良馬場


・2011年  189.840円(518番人気)(7番人気3番人気5番人気)・・・1番人気は13着、2番人気は11着(18頭中)稍重


・2012年 1.452.520円(1023番人気)(14番人気ー3番人気2番人気)・・・1番人気は11着(18頭中)良馬馬


・2013年  111.830円(220番人気)(2番人気3番人気6番人気)・・・1番人気5着(18頭中)良馬場


・2014年   211.180円(401番人気)(4番人気3番人気-12番人気)・・・1番人気は4着、2番人気は7着(18頭中)良馬場


・2015年   236.300円(678番人気)(2番人気7番人気ー10番人気)・・・1番人気は7着、3番人気は15着(17頭中)良馬場


・2016年  242.730円(682番人気)(2番人気ー13番人気-3番人気)・・・1番人気は12着(18頭中)良馬場

 

 過去10年間の1番人気の複勝率は10%で、ほぼ信頼できないと言えよう。

 

 さらに付け加えれば、1番人気が1着になったのは、2016年のディープインパクトまで遡らなければならない。

 

 2番人気の複勝率が70%、3番人気の複勝率は60%だが、2番人気〜7番人気の馬が2頭馬券に絡む確率が100%となっており、こちらの方を重要視すべきだろう。

 

◎払戻金が20万未満の年

 

・2008年   13.500円(14番人気)(3番人気2番人気1番人気

 

・2011年  189.840円(518番人気)(7番人気3番人気5番人気

 

・2013年  111.830円(220番人気)(2番人気3番人気6番人気

 

◎払戻金が20万以上の年

 

・2007年  306.390円(670番人気)(2番人気ー11番人気ー4番人気

 

・2009年  221.080円(572番人気)(12番人気ー4番人気5番人気

 

・2010年  911.660円(1290番人気)(2番人気4番人気ー16番人気)

 

・2012年 1.452.520円(1023番人気)(14番人気ー3番人気2番人気

 

・2014年   211.180円(401番人気)(4番人気3番人気-12番人気)

 

・2015年   236.300円(678番人気)(2番人気7番人気ー10番人気)

 

・2016年   242.730円(682番人気)(2番人気ー13番人気-3番人気

 

 並べ替えて見るとわかりやすいのだが、配当金が20万円以上の年は、2〜7番人気から2頭と10番人気〜1頭が馬券に絡んでいることがわかる。  

 

◎考察1のまとめ

・1番人気の信頼性はかなり低い。

・2〜7番人気までの馬が、2頭以上馬券に絡む確率は100%である。

・配当金が20万円以上の年に馬券に絡んだ馬は、2〜7番人気の馬が2頭+10番人気〜1頭となっている。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ