2017年の実績 京都記念 16.070円、大阪杯 23.910円。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万券 Labo

ご注意!このブログは馬券の購入を促すものではありません。

Experiment 14 第77回 皐月賞(G1)考察1

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ

過去10年間の3連単の配当は、
2007年 1.623.250円(1685番人気)(7番人気ー15番人気ー2番人気)・・・1番人気は4着、3番人気は8着(18頭中)良馬場
2008年   82.750円(193番人気)(7番人気ー6番人気ー1番人気)・・・2番人気は6着、3番人気は14着(18頭中)良馬場
2009年  390.930円(670番人気)(3番人気8番人気4番人気)・・・1番人気は14着、2番人気は13着(18頭中)良馬場
2010年   35.220円(88番人気)(1番人気ー6番人気ー11番人気)・・・2番人気は、4着、3番人気は5着(18頭中)稍重
2011年   55.450円(147番人気)(4番人気1番人気8番人気)・・・2番人気は5着、3番人気は11着(18頭中)良馬場
2012年   12.620円(26番人気)(4番人気2番人気3番人気)・・・1番人気は5着(18頭中)稍重
2013年    5.920円(4番人気)(1番人気2番人気3番人気)良馬場
2014年   33.490円(98番人気)(2番人気1番人気8番人気)・・・3番人気は11着(18頭中)良馬場
2015年   12.360円(30番人気)(3番人気2番人気4番人気)・・・1番人気は6着(15頭中)良馬場
2016年   70.390円(172番人気)(8番人気3番人気1番人気)・・・2番人気は5着(18頭中)良馬場

 

過去10年の1番人気の複勝率は60%、1着になる確率も20%で、1番人気の信頼度は高いとは言えない。1〜3番人気の馬が1頭以上3着以内に入る確率は100%。(2012年以降は、2頭以上が3着以内に入る確率が100%。)2007年と、東京競馬場で開催された2010年を除けば、8番人気までしか馬券に絡んでいない事の方が重要なデータか。いや、そんな事よりも、4番人気と8番人気が穴馬としてたびたび登場している事の方が重要かもしれない。何と複勝率は70%だ。

 

次回より、馬券に絡むであろう馬たちの絞り込みを行う。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ