読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万券 Labo

ご注意!このブログは馬券の購入を促すものではありません。

Experiment 9 第60回阪急杯(GⅢ)考察② 過去10年のレースから見られる傾向

競馬日記
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ

①負担重量

別定戦なので、基本的には同じ年齢なら重量が重い程実績のある馬という事になる。

2007年  1着 8歳 58kg

2008年  2着 6歳 59kg

2009年 11着 6歳 59kg

2010年  3着 4歳 58kg

2011年 11着 4歳    57kg

2012年        3着    6歳 57kg

2013年  1着 5歳 58kg

2014年  1着 4歳 57kg

2015年  2着 4歳 58kg

2016年  1着 5歳 57kg

 

2009年の11着ファイングレインは、4ヶ月の休養明け。2011年の11着コスモセンサーは、馬体重が前走より10kg増と、敗因がはっきりしている。つまり、負担重量の最も重い馬は素直に買いでいいようだ。馬の実力がそのまま負担重量に反映されているといえる。

 

 (2011年は、57kgの馬が4頭出走、2014年は57kgの馬が2頭出走、2015年は58kgの馬が3頭出走、2016年は57kgの馬が2頭出走。それぞれ、一番年齢の若い馬を最重量馬とした。)

 

②リピーター

・2007年 3着 スズカフェニックス(2番人気) ⇨ 2008年 2着(1番人気)

・2008年 1着 ローレルゲレイロ (3番人気) ⇨ 2009年 2着(3番人気

・2009年 1着 ビービーガルダン (7番人気)  ⇨ 2010年 7着(1番人気)、2011年 8着(7番人気)

・2010年 3着 サンカルロ (3番人気) ⇨ 2011年 1着(4番人気)、2012年 3着(1番人気)、2013年 4着(3番人気)、2014年 2着(8番人気)

・2010年 2着 ワンカラット(5番人気) ⇨ 2011年 5着(2番人気)

・2011年 3着 フラガラッハ (5番人気)  ⇨ 2013年 8着(9番人気

・2012年 1着 マジンプロスパー (4番人気) ⇨ 2013年 2着(2番人気)、2015年 8着(11番人気)

・2013年 3着 オリービン(11番人気) ⇨ 2015年 11着(7番人気)

・2014年 1着 コパノリチャード(2番人気) ⇨ 2015年 6着(1番人気)

・2014年 3着 レッドオーヴァル(4番人気) ⇨ 2015年 9着(8番人気)

・2015年 1着 ダイワマッジョーレ(2番人気) ⇨ 2016年 14着(11番人気)

・2015年 2着 ミッキーアイル(1番人気) ⇨ 2016年 1着(1番人気)

 

過去に馬券に絡んだリピーターが、再度人気になって馬券にからまなかったのは3頭のみ。このレースの条件が合うからリピートしてくるのだから、当然のことか。

もう一つ強調したい点としては、最初の挑戦で馬券に絡めなかったリピーターは、その後の挑戦でも馬券に絡めていないと言う事だ。このことは、後のG1馬 キンシャサノキセキにも当てはまっており、出走馬の取捨を行う際には重要な要素となろう。

 

次回は、枠順確定後に出走馬の取捨を行う。

 

 

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ