読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万券 Labo

ご注意!このブログは馬券の購入を促すものではありません。

Experiment 9 第60回阪急杯(GⅢ)考察① 払戻金に見るレースの傾向

競馬日記
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ

過去10年間の3連単の配当は、

2007年     6.960円(40番人気)(3番人気4番人気2番人気)・・・1番人気は4着

2008年  23.350円(39番人気)(3番人気1番人気ー6番人気)・・・2番人気は5着

2009年  39.640円(121番人気)(7番人気ー3番人気2番人気)・・・1番人気は7着

2010年  48.640円(127番人気)(2番人気ー5番人気ー7番人気)・・・1番人気は7着、3番人気は4着

2011年  22.840円(77番人気)(4番人気1番人気5番人気)・・・2番人気は5着、3番人気は4着

2012年     40.960円(112番人気)(4番人気ー3番人気1番人気)・・・2番人気は5着

2013年     20.500円(58番人気)(1番人気2番人気ー11番人気)・・・3番人気は4着

2014年     66.530円(213番人気)(2番人気ー8番人気-5番人気)・・・1番人気は9着、3番人気は4着

2015年 236.350円(554番人気)(2番人気4番人気ー9番人気)・・・1番人気は6着、3番人気は5着

2016年  18.050円(31番人気)(1番人気4番人気5番人気)・・・2番人気は6着、3番人気は4着                 (※赤字は単勝オッズ1桁の馬)

上記のようになっている。

 

この10年で万馬券にならなかったのは1回のみ。それなりに荒れているようにも見えるが、馬券に絡んだ30頭中22頭が単勝オッズ1桁で70%以上を占め、1番人気が3着内を確保できたのは5回、同様に2番人気は6回、3番人気が4回となっている。また、この10年で、単勝オッズ1桁の馬が1着になれなかったのは2回だけと、このレースが以外に人気サイドで決着しているということを示している。ただ、1番人気と2番人気の馬が同時に馬券に絡んだのは1回のみ。かたい決着ながら万馬券を出し続けている理由は、このあたりにあるようだ。

 

 次回は、過去10年のレースを配当金以外の面から考察する。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ