2017年の実績 京都記念 16.070円、大阪杯 23.910円。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万券 Labo

ご注意!このブログは馬券の購入を促すものではありません。

Experiment 6 第67回 東京新聞杯(GⅢ)考察① 払戻金に見るレースの傾向

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ

過去10年間の3連単の配当は、

2007年     6.690円(12番人気)(1番人気2番人気5番人気

2008年 2.543.540円(2213番人気)6番人気13番人気12番人気

2009年   888.960円(2082番人気)(5番人気ー15番人気ー9番人気)

2010年    14.840円(16番人気)(番人気1番人気ー6番人気)

2011年    97.600円(267番人気)(5番人気ー7番人気ー2番人気

2012年    65.040円(223番人気)(8番人気ー4番人気ー7番人気)

2013年    16.490円(25番人気)(2番人気5番人気4番人気

2014年     96.300円(383番人気)(8番人気ー3番人気5番人気

2015年    155.940円(427番人気)(番人気9番人気1番人気

2016年    353.160円(762番人気)(5番人気ー6番人気ー11番人気

この10年間に1番人気が馬券にからんだのは、たったの3回。ただ、単勝倍率一桁代の馬が3着以内に1頭もこなかったのは、2008年と2009年の2回のみ。配当だけみれば、この10年かなり荒れているように思ってしまうが、単勝一桁代の人気馬はかなり馬券に絡んでいることがわかる。(赤字は単勝一桁人気)また、単勝30倍以上の馬が絡むと6桁以上の配当となっていることも覚えておきたい。(茶色字は単勝30倍以上)

 

次回は、過去10年のレースを配当金以外の面から分析してみたい。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ