読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万券 Labo

ご注意!このブログは馬券の購入を促すものではありません。

Experiment 5 第30回 根岸ステークス(GⅢ)考察① 払戻金に見るレースの傾向

競馬日記
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ

まずは、過去10年間の傾向を確認。

3連単の配当は、

2007年 410.370円(680番人気)(11番人気1番人気12番人気

2008年  26.150円(56番人気)(1番人気5番人気ー3番人気)

2009年  88.500円(281番人気)(4番人気ー5番人気ー7番人気)

2010年 156.290円(511番人気)(11番人気1番人気ー4番人気)

2011年  45.080円(135番人気)(2番人気ー3番人気ー10番人気

2012年 379.550円(769番人気)(4番人気ー9番人気ー5番人気

2013年 103.090円(264番人気)(5番人気1番人気10番人気

2014年 158.760円(478番人気)(4番人気ー8番人気ー5番人気

2015年  48.330円(147番人気)(1番人気ー2番人気ー15番人気

2016年  34.400円(121番人気)(1番人気ー6番人気ー10番人気

この10年間に1番人気が馬券にからんだのは6回とまずまずだが、配当を見るとかなり荒れている。2番人気・3番人気がほぼ絡んでないことと、10番人気以降が6回絡んでいることが原因か。

このレースは、3連単が始まって以降万馬券が出なかった年が無いレースだ。

今回こそ、しっかり考察を行いレース結果の予測をしたい。

前回から行なっている払戻金の想定レンジだが、今回はHIGHレンジが10万円代、LOWレンジが3〜4万円代といったところだろうか。

次回は、ステップレースにおける傾向を分析する。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ