2017年の実績 京都記念 16.070円、大阪杯 23.910円。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万券 Labo

ご注意!このブログは馬券の購入を促すものではありません。

Experiment 4 第58回 アメリカジョッキークラブカップ(GⅡ)考察① 払戻金に見るレースの傾向

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ

まずは、過去10年間の傾向を確認。

3連単の配当は、

2007年  28.670円(83番人気)(2番人気ー5番人気ー6番人気

2008年 142.190円(367番人気)(2番人気ー9番人気ー6番人気

2009年  27.530円(90番人気)(4番人気ー2番人気ー7番人気)

2010年 111.460円(334番人気)(5番人気ー9番人気ー3番人気

2011年  18.300円(55番人気)(1番人気6番人気3番人気

2012年   1.270円(2番人気)(1番人気2番人気ー4番人気)

2013年  20.710円(72番人気)(3番人気ー5番人気ー2番人気

2014年 299.470円(833番人気)(2番人気ー11番人気ー6番人気

2015年 169.220円(351番人気)(4番人気ー7番人気ー2番人気

2016年  30.540円(105番人気)(2番人気3番人気ー7番人気)

この10年間に1番人気が馬券にからんだのはたったの2回。ただ、その2回とも1着で単勝倍率は1倍代。唯一単勝倍率1倍代で1着できなかったのは一昨年のゴールドシップのみ。このころのゴールドシップは、いつ走るのか全くわからない状態だったので仕方がないところか。

逆に、この10年間で2番人気が馬券にからまなかったのは2回のみと、1番人気よりも信頼がおけそうだ。

かたい決着になった年もあるが、G1クラスのメンバーが何頭もそろわない限りは、万馬券決着となりそうだ。

今回の特別登録をしているメンバーを見ると、ダービー馬のワンアンドオンリーの登録はあるものの、決して硬い決着とはならなさそうだ。

今回は、出走メンバーが決まった時点で、払戻金に対しても仮説を立てて進めていきたいと思う。

次回は、ステップレースにおける傾向を分析する。

 

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ