2017年の実績 京都記念 16.070円、大阪杯 23.910円。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万券 Labo

ご注意!このブログは馬券の購入を促すものではありません。

Experiment 2 第66回日刊スポーツ賞中山金杯(GⅢ)

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ

 

あけましておめでとうございます。 

2017年より本格始動致します。

まずは、過去10年間の傾向を確認

3連単の配当は、

2007年 128.280円(450番人気)(3番人気ー10番人気ー2番人気)

2008年  72.880円(200番人気)(3番人気2番人気ー9番人気)

2009年 232.760円(618番人気)(4番人気2番人気ー11番人気)

2010年 248.790円(622番人気)(1番人気5番人気ー15番人気)

2011年  58.100円(151番人気)(1番人気ー11番人気ー5番人気)

2012年  42.360円(123番人気)(2番人気4番人気5番人気)

2013年   9.400円(21番人気)(2番人気4番人気1番人気)

2014年  57.180円(174番人気)(5番人気ー8番人気ー1番人気)

2015年  16.690円(25番人気)(4番人気1番人気5番人気)

2016年  11.190円(23番人気)(3番人気5番人気1番人気)

 

1番人気で優勝した馬たち

過去10年で1番人気馬が優勝したのは、2010年のアクシオンと2011年のコスモファントムの2頭のみ。両馬は、ともに前走の重賞(G3)を優勝してる。2012年のアドマイコスモスは、前走のG3を優勝しながら12着に破れていが、レー中に故障を発症したためであり度外視したい。また、唯一直前のG3を勝っ中山金杯優勝できなかったのはフルーキーのみであるが、これは距離適性によるものであり、3着入着をはしたことはむしろこのデータを強く裏付ける結果となっている。ジャスターウェイゴタイプのようなG1ホースたちにさえこのデータが当まるのも心強い。

その他の過去の優勝馬たち

・2000mに対する距離適性がある

・冬場に好成績の多い馬

・G3への出場経験がある。(出場経験がないのは過去2闘のみ)

 ドレッドノータスストロングタイタントミケンスラーヴァシャドウパーティー以外の馬

・連続連対中の馬

 ストロングタイタン、ツクバアズマオー

・11月、12月の重賞を勝っている馬(福島記念中日新聞杯鳴尾記念等)

・G1馬や3歳限定以外のG1に出走している馬

 クラリティースカイ(NHKマイルカツプ 1着)、カムフィー(天皇賞・秋13着)

・過去に中山金杯で優勝もしくは3着以内に来ている馬

 マイネルフロスト

・3歳クラッシックのステップレースで好成績を残している4歳馬

 ドレッドノータス

 ........etc

ステップ

・アンドロメダステークス

 ドレッドノータス(2着)、マイネルフロスト(3着)

・ディセンバーステークス

  ツクバアズマオー(1着)シャイニープリンス(3着)

注意

・シャドウパーティー(当日絞れていれば)

 

以上のデータに重複して当てはまる馬は何頭かいるが、その中で主戦が騎乗するのは、ストロングタイタンとツクバアズマオーの2頭のみ。

但し、ストロングタイタンは過去にG3に出場したことすらなく、3歳限定のG1にも出場したこともない。

かなり人気も集めそうなこともあり、万券Laboとしては押さえまでとしたい。

<最終考察>

G3での経験とステップレースで好走している点を重要視して、1着候補シャイニープリンスツクバアズマオーとし、上記の連対候補に対して幅広く狙っていきたい。

1着 1番 シャイニープリンス

   3番 ツクバアズマオー

2着 1番 シャイニープリンス

   3番 ツクバアズマオー

   7番 ドレットノータス

3着 1番 シャイニープリンス

           2番   クラリティースカイ

   3番 ツクバアズマオー

   7番 ドレットノータス

   8番 マイネルフロスト

   9番 カムフィー

  10番 ストロングタイタン

  12番 シャドウパーティー

全24点

但し、このうちの4点3ー1ー10、3ー7ー10、1ー3ー10、3ー1ー2は万馬券ではない(1月4日 22時現在)ので、残りの20点を万券Laboの第66回日刊スポーツ賞中山金杯ける仮説としたい。

 

 投資金額:20点X100円=2,000円

 

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ