2017年の実績 京都記念 16.070円、大阪杯 23.910円。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万券 Labo

ご注意!このブログは馬券の購入を促すものではありません。

Experiment 20 第84回 東京優駿(日本ダービー)(G1) 考察4

◎考察1のまとめ
・今年のダービーは.....。

◎考察2のまとめ

 1着候補は以下の条件を全て満たす馬。
皐月賞出走馬は皐月賞で4着以内
弥生賞で1〜3着、毎日杯で1着、スプSで1、2着、共同通で1、2着のいずれかをみたす馬

◎考察3のまとめ

 2着候補は以下の条件を満たす馬
皐月賞に出走している馬であること。(必須)
きさらぎ賞1着馬もしくは僅差の2着馬
・上記の馬が、ラN杯やスプSでも好走していれば、さらに可能性は高い。
・ラN杯、共同通、弥生賞経由で皐月賞1.2着した馬

 

 

 

 過去10年間のレースから、3着馬の傾向を妄想してみたい。

 

やはり、3着馬候補も皐月賞出走馬が中心となりそうだ。

 

過去10年間で皐月賞に出走していたダービーの3着馬は7頭。そのステップレースでの人気と着順を下に羅列してみた。

 

シンザ3番人気1着⇨弥生賞1番人気1着⇨皐月賞1番人気4着⇨ダービー4番人気

・きさら1番人気7着⇨弥生賞1番人気2着⇨皐月賞2番人気6着⇨NHK3番人気2着⇨ダービー6番人気

シンザ2番人気1着⇨皐月賞12番人気9着⇨プリン1番人気2着⇨ダービー8番人気

・ラN杯1番人気1着⇨弥生賞1番人気1着⇨皐月賞1番人気1着⇨ダービー1番人気

・共同通2番人気4着⇨スプS4番人気2着⇨皐月賞3番人気11着⇨ダービー8番人気

・東ス24番人気1着⇨弥生賞2番人気1着⇨皐月賞1番人気6着⇨ダービー3番人気

・共同通6番人気1着⇨皐月賞8番人気1着⇨ダービー1番人気

 

赤色の部分に注目すれば一目瞭然だが、皐月賞で1〜3番人気になった馬が多数を占めている。

 

また、ダービーで1番人気になった皐月賞1着馬は2頭いるが、2頭とも3着となっている。やはり、3冠馬になるような資質を持った馬でもない限り、皐月賞とダービーの2冠達成は難しいのだ。

 

他に気になる点としては、皐月賞前のレースでは着順が悪くても上位人気になっていた馬が多いという事だ。つまり、それらの馬は能力が高いという評価を受けていたということになる。

 

残りの3頭は、以下の通り。

・京都新5番人気1着⇨7番人気

青葉賞9番人気2着⇨ダービー8番人気

・札幌21番人気5着⇨ラN杯9番人気7着⇨共同通7番人気4着⇨毎日杯5番人気1着⇨青葉賞3番人気6着⇨ダービー12番人気

 

京都新聞杯青葉賞のケースは、皐月賞のステップレースに出走していない別路線の馬。もう1頭は、皐月賞のステップで結果を出しながらも、皐月賞には出走せずダービーに出走した馬となっている。

 

 ◎考察4のまとめ

 3着候補は以下の条件のいずれかをを満たす馬  

皐月賞で1〜3番人気の馬

皐月賞1着でダービー1番人気の馬

皐月賞のステップレースで上位人気に支持され続けた馬(皐月賞での着順は不問)

皐月賞とは別路線で京都新、青葉賞で結果を出した馬

皐月賞のステップレースで結果を出して、皐月賞には出走せずにダービーに向かった馬

Experiment 20 第84回 東京優駿(日本ダービー)(G1) 考察3

◎考察1のまとめ
・今年のダービーは.....。

◎考察2のまとめ
 1着候補は以下の条件を全て満たす馬。
皐月賞出走馬は皐月賞で4着以内
弥生賞で1〜3着、毎日杯で1着、スプSで1、2着、共同通で1、2着のいずれかをみたす馬

 

過去10年間のレースから、2着馬の傾向を妄想してみたい。

 

ここでも、鍵を握るのは皐月賞に出走した馬のようだ。

 

過去10年間で皐月賞に出走していた2着馬は7頭。

そのステップレースには共通点がある。

 

ラN杯5着⇨きさら1着⇨皐月賞6番人気7着-0.5

きさら2着⇨スプS1着⇨皐月賞4番人気9着-0.9

ラN杯2着⇨きさら1着⇨皐月賞2番人気13着-1.7

・朝SF1着⇨スプS3着⇨皐月賞2番人気4着-0.2

ラN杯1着⇨弥生賞4着⇨皐月賞2番人気2着-0.1

・東ス21着⇨共同通1着⇨皐月賞2番人気1着+0.2

きさら1着⇨皐月賞1番人気3着-0.4

 

もっとも重要なレースは、 きさらぎ賞だ。

 

きさらぎ賞で1着もしくは差のない2着になっている馬は、皐月賞の着順が悪くてもダービーでは2着になる可能性が高い。

しかも、ラN杯やスプSでも好走していれば、更に可能性は高くなる傾向にある。

 

つぎは、青葉賞の1着馬だ。

青葉賞1着馬は、過去10年間で2度2着している。

 

・ラN杯4着⇨きさら4着⇨弥生賞7着⇨青葉賞6番人気1着+0.1
弥生賞6着⇨青葉賞1番人気1着+0.4

 

 ただ、過去10年間で3着以内に入ったのは上記の2回のみであった。

 ダービーで3着以内に入れなかった残りの8頭は、ラN杯・きさら・弥生賞には出走していない別路線の馬たちだ。

 今年の青葉賞1着馬アドミラブルは、別路線の馬なので、2着になれない可能性が高い。

 

以上のことから、今年は皐月賞出走馬がダービーで2着に来る可能性が高いと結論づけたい。

 

◎考察3のまとめ

 2着候補は以下の条件を満たす馬

皐月賞に出走している馬であること。(必須)

きさらぎ賞1着馬もしくは僅差の2着馬
・上記の馬が、ラN杯やスプSでも好走していれば、さらに可能性は高い。

・ラN杯、共同通、弥生賞経由で皐月賞1.2着した馬

Experiment 20 第84回 東京優駿(日本ダービー)(G1) 考察2

◎考察1のまとめ
・今年のダービーは.....。

 

過去10年間のレースから、1着馬の傾向を妄想してみたい。

 

まず、1番に触れるべきは皐月賞との関連だ。

過去10年で1着になった馬のうち皐月賞に出走した馬は7頭。

 ロジユニバース 弥生賞 1番人気 1着 ⇨ 皐月賞 1番人気 14着 ⇨ ダービー 2番人気

 エイシンフラッシュ 京成杯 1番人気 1着 ⇨ 皐月賞 11番人気 3着 ⇨ ダービー 7番人気

 オルフェーブル スプS 1番人気 1着 ⇨ 皐月賞 4番人気 1着 ⇨ ダービー 1番人気

 ディープブリランテ スプS 1番人気 2着 ⇨ 皐月賞 3番人気 3着 ⇨ ダービー 3番人気

 ワンアンドオンリー 弥生賞 4番人気 2着 ⇨ 皐月賞 4番人気 4着 ⇨ ダービー 3番人気

 ドゥラメンテ 共同通 1番人気 2着 ⇨ 皐月賞 3番人気 1着 ⇨ ダービー 1番人気

 マカヒキ 弥生賞 2番人気 1着 ⇨ 皐月賞 3番人気 2着 ⇨ ダービー 3番人気

 

皐月賞組の特徴としては、

 

・1番人気で大敗した馬の巻き返し。

皐月賞で1番人気ではなかった馬は、皐月賞で4着以上している事。

 過去25年遡っても、皐月賞で5着以下から1着になった馬は、全て皐月賞で1番人気に支持されていた。

しかしながら、今回は皐月賞1番人気の登録は無い。

 

後は、別路線だか、

 

・NHKマイルカップ優勝馬

京都新聞杯勝馬

 

といったところだが、今回の登録馬にはあてはまらない。

 

その他の傾向としては、以下の通り。

 

弥生賞で1〜3着

毎日杯で1着

・スプSで1.2着

・共同通で1.2着

 

以上が、1着候補の条件となる。

 

◎考察2のまとめ

 1着候補は以下の条件を全て満たす馬。

皐月賞出走馬は皐月賞で4着以内

弥生賞で1〜3着、毎日杯で1着、スプSで1、2着、共同通で1、2着のいずれかをみたす馬

Experiment 20 第84回 東京優駿(日本ダービー)(G1) 考察1

◎過去10年間の3連単の配当は、以下の通りだ。

・2007年 2.155.760円(2039番人気)(3番人気ー14番人気ー4番人気)・・・1番人気は7着、2番人気は9着(18頭中)良馬場

・2008年   201.300円(611番人気)(1番人気ー12番人気ー6番人気)・・・2番人気は4着、3番人気は18着(18頭中)良馬場

・2009年   201.960円(556番人気)(2番人気ー5番人気ー8番人気)・・・1番人気は12番、3人気は13着(18頭中)不良

・2010年  152.910円(316番人気)(7番人気ー5番人気ー1番人気)・・・2番人気は6着、3番人気は9着(18頭中)良馬場

・2011年  100.300円(293番人気)(1番人気ー10番人気ー8番人気)・・・2番人気は7着、3番人気は12着(18頭中)不良

・2012年    87.380円(236番人気)(3番人気ー5番人気ー7番人気)・・・1番人気は4着、2番人気は5着(18頭中)良馬馬

・2013年    54.950円(131番人気)(1番人気ー3番人気ー8番人気)・・・2馬人気は5着(18頭中)良馬場

・2014年  103 .300円(304番人気)(3番人気ー1番人気-12番人気)・・・2番人気は5着(18頭中)良馬場

・2015年    15.760円(36番人気)(1番人気ー5番人気ー3番人気)・・・2番人気は4着(18頭中)良馬場

・2016年     4.600円(5番人気)(3番人気ー2番人気-1番人気)・・・(18頭中)良馬場

 過去10年間の1番人気の複勝率は70%、優勝する確率は40%と、1番人気の信用度はわりと高めだ。しかし、払戻金をみると6桁配当が5回、7桁配当が1回とかなり荒れている。

 

この4年間は、人気・実力を伴った馬が2頭以上馬券に絡んでいるのであまり払戻金は高くないが、今年のように思わぬ伏兵が皐月賞を制した年がどうなるのかは、想像にかたくない。

心して、妄想せねばなるまい。


◎考察1のまとめ
・今年のダービーは.....。

Experiment 19 第78回 優駿牝馬(オークス)(G1) 考察4

結果が出た。3連単    2-1-16    20.130円であった。

 

万券Laboは、優駿牝馬の化学変化を妄想することができなかった。と言うよりも、少し妄想が先走りすぎて、馬券の買い方を難しくしてしまったように思う。

 

 今回の買い目を、振り返ってみる。

 

1着候補

 

 2番 ソウルスターリング(1着)

13番 レーヌミノル(13着)

17番 カリビアンゴールド(11着)

 

2着候補

 

 2番 ソウルスターリング(1着)

13番 レーヌミノル(13着)

 

3着候補

 

 1番 モズカッチャン(2着)

 2番 ソウルスターリング(1着)

 3番 フローレスマジック(6着)

 7番 ディアドラ(4着)

10番 ブラックスピーチ(9着)

13番 レーヌミノル(13着)

14番 リスグラシュー(5着)

15番 ヤマカツグレース(18着)

16番 アドマイヤミヤビ(3着)

17番 カリビアンゴールド(11着)

 

NHKマイルカップは、データに当てはまった馬の中から、調教のいい馬を選んで1着馬を1着候補に据えられたが、今回、ヤマカツグレースとカリビアンゴールドを候補に設定したのは、かなり強引でやり過ぎてしまった感がある。

 

3連単を的中させる時に、一番難しいのは、2着候補の設定の仕方だと思っている。今後は、2着候補の設定方法を模索して行きたい。

 

次回は、第84回東京優駿日本ダービー)を研究する。

 

2017年の収支    -120円 

 

Experiment 19 第78回 優駿牝馬(オークス)(G1) 考察3

◎考察1のまとめ
・1番人気の信頼性はかなり高い。
・2桁人気の馬はほぼ絡まない。

◎考察2のまとめ

過去10年のレースのデータから候補となる馬は、以下の8頭である。

 1番 モズカッチャン

 2番 ソウルスターリング

 3番 フローレスマジック

 7番 ディアドラ

10番 ブラックスピーチ

13番 レーヌミノル

14番 リスグラシュー

16番 アドマイヤミヤビ 

 

調教VTRを確認したところ、15番ヤマカツグレース、17番カリビアンゴールドの調教が目立ってよかったので候補に加えて検討したい。

 

1着候補

 

 2番 ソウルスターリング

13番 レーヌミノル

17番 カリビアンゴールド

 

2着候補

 

 2番 ソウルスターリング

13番 レーヌミノル

 

3着候補

 

 1番 モズカッチャン

 2番 ソウルスターリング

 3番 フローレスマジック

 7番 ディアドラ

10番 ブラックスピーチ

13番 レーヌミノル

14番 リスグラシュー

15番 ヤマカツグレース

16番 アドマイヤミヤビ 

17番 カリビアンゴールド

 

上記の組み合わせは全32通り、このうち万馬券ではない1通りと、配当が100万円を超える8通りを除いた23通りを今回の結論とする。

Experiment 19 第78回 優駿牝馬(オークス)(G1) 考察2

◎考察1のまとめ
・1番人気の信頼性はかなり高い。
・2桁人気の馬はほぼ絡まない。

 

過去の1〜3着馬の傾向を分析して見ると以下のような傾向がある。

桜花賞皐月賞出走馬

・連続して1〜3着を続けている馬(桜花賞皐月賞に出走した馬は、大敗も可。)

・重賞勝ちのある馬

・9番人気までの馬

 

全てが上記のくくりの中で収まってしまっている。

 

今回は管理人の都合で時間がないため、一気に出走馬の取捨まで進めたい。

 

考察1.2に当てはまる馬は、

 

 1番 モズカッチャン 6番人気 連勝中 重賞勝ち有り

 2番 ソウルスターリング 1番人気 桜花賞3着 3着以下無し G1馬

 3番 フローレスマジック 5番人気 3着以下無し

 7番 ディアドラ 9番人気 重賞勝ち有り 桜花賞6着

10番 ブラックスピーチ 8番人気 連勝中

13番 レーヌミノル 4番人気 桜花賞

14番 リスグラシュー 2番人気 桜花賞2着 3着以下無し

16番 アドマイヤミヤビ 3番人気 重賞勝ち有り

 

データからは、以上の8頭を候補とした。

 

7番人気のホウオウパフュームは、7番人気という以外に強調できるものがないので、候補外とした。

 

◎考察2のまとめ

過去10年のレースのデータから候補となる馬は、以下の8頭である。

 1番 モズカッチャン

 2番 ソウルスターリング

 3番 フローレスマジック

 7番 ディアドラ

10番 ブラックスピーチ

13番 レーヌミノル

14番 リスグラシュー

16番 アドマイヤミヤビ 

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ